おしらせ

2020/11/10
英語コミュニケーショントレーニングの「おしらせ」を更新しました(実施時の教材について)

2020/10/23
令和2年度後学期の英語学修支援(全学教育機構教員分)は、10月26日より開始いたします。 英語コミュニケーショントレーニング(ALC講師分)は11月より開始いたします。

  • 初回利用時はマイページより新規登録を行ってください。
  • ※昨年度利用者も、再度新規登録を行う必要があります。

英語学習サポートのレッスン紹介

英語学習相談室

学生の授業外での英語学修(自律的学修)をサポートすることを目的としています。授業内容に関する相談は、自分の授業担当教員のオフィスアワーを利用するようにしてください。

担当:上田先生、大森先生、大山先生(全学教育機構)
  • 予約制のもと、Teams会議を使用して実施します。
  • Teams会議では、可能な限りマイクを使用できる状態で参加してください。カメラの使用は制限されていませんが、基本的に担当教員の実施方法に従ってください。(カメラ使用を強要されることはありません)
  • 1回のセッションにつき、学生3名まで同時参加することが可能です。複数名で利用の場合は、代表者が予約し、マイページから追加登録してください。
  • セッション参加後は、アンケートにご協力ください。

Chatting Time

学生の英語コミュニケーション力の向上をサポートすることを目的としています。 トピックは自由ですので、話したいことがある場合は担当教員に伝えてください。

担当:シャノン先生、シュミット先生、館先生(全学教育機構)
  • 予約制のもと、Teams会議を使用して実施します。
  • Teams会議では、可能な限りマイクを使用できる状態で参加してください。カメラの使用は制限されていませんが、基本的に担当教員の実施方法に従ってください。(カメラ使用を強要されることはありません)
  • 1回のセッションにつき、学生3名まで同時参加することが可能です。複数名で利用の場合は、代表者が予約し、マイページから追加登録してください。
  • セッション参加後は、アンケートにご協力ください。

英語コミュニケーショントレーニング

マンツーマンだからこそ、個々のレベルに合わせて丁寧で効果的なレッスンを行うことができます。また、発話時間も可能な限り多くとることで、参加者自身の発話能力を高めていきます。個人に合わせたフィードバックにより、苦手克服と補強すべき部分を効果的に把握できます。決まったテキストはありません。レッスン内容は、ご自身の希望に沿って自由に設定していただけます。

担当:ネィティブスピーカー(ALC講師)
  • 予約制のもと、Zoom会議を使用して実施します。
  • 1回のセッションにつき、学生3名まで同時参加することが可能です。複数名で利用の場合は、代表者が予約し、マイページから追加登録してください。
  • セッション参加後は、アンケートにご協力ください。

参加方法

  • まずは、スケジュールを検索して予約。3レッスンまで予約 OK(レッスンが終われば、予約枠が復活します)。
  • レッスンが終わったら、アンケートにご協力ください

スケジュール検索

注意
  • 当日の予約キャンセルは、他の学生の受講機会を損なう恐れがあります。レッスン前日の18:00以降にキャンセルする場合は、共通教育センターへ連絡(029-228-8415/8416、kyoyo@ml.ibaraki.ac.jp)をしてください。連絡がない場合は、自動的に1か月間のシステム利用停止になります。
  • 当日の予約はできません